大規模災害・防災支援事業

大規模災害・防災支援事業

本県では近い将来発生が予測される南海大地震の発生確率が高まり住民・企業においても震災対策が急務となっています。
当協会では高知県及び高知市と防災協定を締結して被災公共施設の点検・復旧工事の支援活動の適確な実施に向けて体制等の整備を講じているところです。

大規模災害における防災協定

高知市及び高知県との防災協定を締結。
大規模災害時の支援要請に基づき円滑な支援活動を実施するため県、高知市と連携をとって支援体制、支援活動基準の整備を行っています。


公共建築物(電機・機械設備)防災点検パトロール事業

当事業は、平成5年から県下の市町村の公共施設が老朽化して設備関係の点検要望があった市町村施設を対象として、無料での点検パトロールを実施してまいりましたが、県下一巡した事もあり事業を中断しておりました。
近年南海地震対策で公共建築物の耐震工事に取り組む市町村が増え、施設の被害を最小限にくい止めるため施設の設備点検や改修工事が必要となっています。
このことから当協会では、技術安全委員会、理事会におきまして点検パトロール事業の再開について審議した結果、平成23年度から希望市町村から順次事業を再開・実施することとなりました。

県下市町村に点検パトロール事業実施をお知らせし、要望があった市町村に技術安全委員会委員が点検を実施、点検結果をご報告いたしました。